Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile

Categories
Travel Archives
Categoriesの中のTravelを、
ささやかながら
さらに旅別にまとめてみました。

■沖縄→ 
■インド → 
■オーストラリア → 
■ラオス → 
■イングランド → 
■南米総括 → 
■ペルー→ 
■ボリビア→ 
■チリ→ 
Search In This Site
Bookmark
bookmark [BLOG]
Others
My Other Sites ..............

*写真だけをまとめました。
......................................

:::コタコタ:::

cotta*2 since 2005 JNK
<< 南米より戻りました! | main | マチュピチュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
マチュピチュ*道のり編*
 

お待たせいたしました!
今後、ゆーっくりになると思いますが、ちびちびと旅行記をUPしていきたいな〜と思います。
(いっそのこと、このブログを旅日記専門にしてしまおうかしら?・・・とも考え中。)

南米旅先第一弾はペルー。
ペルーで滞在したのはクスコだけでしたが、
クスコといえば・・・そう、マチュピチュへの出発点!
もちろん、ばっちりマチュピチュ行ってまいりました!

・・・が、本日はマチュピチュに到るまでの道のりの話。

マチュピチュの行きかたは、
クスコから鉄道でダイレクトに行くのが楽々快適。
ところが私達は 【バスと徒歩】 で行ってまいりました。

<続きを読む>よりどうぞ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クスコとマチュピチュの間には、標高4000m級のアンデス山脈。

ここを、鉄道4時間のところを、小型バスで7時間+徒歩2時間半。
険しいアンデス山脈を、上下左右にぐるぐる回りながら乗り越えます。


なぜこんな交通手段を選んだかというと、
それは単にお金節約のためでした。


マチュピチュは世界中から人が集まる超一大観光地。
マチュピチュ関連の料金は、
ぜーんぶペルーの物価を無視した観光料金。
鉄道料金もリッチな外国人向け設定で、めちゃめちゃ高いのです。


そんなわけで、経済的事情で選択したバス+徒歩。
でも、この交通手段は ピンポーン!大正解でした!!





のんびり走るバスの車窓には
アンデスの壮大な景色や、そこに暮らす人々が写ります。
高度が変われば自然も暮らしも変わる変わる。



標高4000m―――
緑もまばらな空の上、
霧のように立ち込める雲の中から突然現れるインディオの姿。

かと思えば、
標高2000m―――
緑が生い茂る中、Tシャツ姿で木材を運ぶ人々の姿。
空気の密度も違います。

極めつけは、超高地に作られた、
【断崖絶壁・幅3m程】の命がけのぼこぼこオフロード!
谷底は深く、相当覗き込まなけば見えません。
谷の向かいにある山は、高すぎて頂上が見えません・・・!






(お見せしたいところですが、LOMOで撮れるスケールをボカーンとはるかに超えていたので、ぜんぜん写真撮ってないのです・・・。 想像でお楽しみくださいませ。。。)







そしてオフロードで体を揺さぶられたあとは、列車に合流!
しかしこれには乗らず、線路上を徒歩2時間半とぼとぼ歩きます。






■列車の見張り役の素敵な表情の2人。




線路の道は平坦ではあるものの、大粒砂利のでこぼこ道。
足がとられて歩きにくい!

外灯なんて勿論無いけど、途中でとっぷり日も暮れて、
真っ暗な山道を 月明かり頼りに歩きます。

これは大人数でなくちゃ心折れるかも・・・。
人は一人じゃ生きていけないんだなぁぁ と 思わぬトコロで実感。










・・・・・・


こうした道を乗り越えて、ようやく見えるマチュピチュの村。
歩きつかれた果てに見える、村のオレンジの灯りが優しいです。



とってもハードな道だったけど、
大昔はこんな道さえなく、もっとハードだったはず。

昔の人に比べれば、自分は数百億分の一くらいの努力しかしてないけれど、鉄道より少しだけじっくり山を越えたことで、アンデスの凄さを実感できたかしら〜、と思います。

そして、あの道を通ったことで、
「昔のひとは、あーんな辺鄙な場所に都市を作ってしまったんだなぁ」
という、古代インカの生命のエネルギーと神秘が、
衝撃波のようにどどーんと心にインパクトを与えてくれました。




マチュピチュ、体力と時間さえ許せば、交通手段は鉄道より 

【バス+徒歩】 がおススメです!

(ただし帰りはさすがに鉄道で帰ってきてしまいましたー 笑)




■帰りの鉄道で相席した気の良いチリ人のおふたり。




※なお、マチュピチュまでは「インカトレイル」という徒歩ツアーも有。
クスコ〜マチュピチュ間を、テントと食料を背負って、インカ道と呼ばれる、インカ帝国時代に作られた獣道を4日間で歩くそう。
体力に自身のある方は、是非〜!





Posted by ・ じゅんこ
travel / 08:02 / comments(2) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 08:02 / - / -
COMMENT
マチュピチュトレイル懐かしいね!
そうそう、イースターで偶然山けんさんカップルに再会したよ!!お元気そうでしたー
| FUYU | 2009/01/27 7:39 PM |
>FUYU

マチュピチュトレイルは実は私の中でNO.1の思い出だったりします。
(旅行日記一発目から一番出してしまったよ 笑)

山ケンさん あさこさん いいなっ!
私も会いたかったー!
| じゅんこ | 2009/01/30 5:46 AM |