Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Profile

Categories
Travel Archives
Categoriesの中のTravelを、
ささやかながら
さらに旅別にまとめてみました。

■沖縄→ 
■インド → 
■オーストラリア → 
■ラオス → 
■イングランド → 
■南米総括 → 
■ペルー→ 
■ボリビア→ 
■チリ→ 
Search In This Site
Bookmark
bookmark [BLOG]
Others
My Other Sites ..............

*写真だけをまとめました。
......................................

:::コタコタ:::

cotta*2 since 2005 JNK
<< ドリームペッツ | main | とりいそぎ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
ウユニ塩湖で空中散歩

 

【旅行記続き】

あたり一面真っ白で。 空はひたすら真っ青で。
地平線が白く光って空と溶け合います。

どこまで歩いても果てが見えない。
どこまで歩いても地平線に追いつけない。
だんだん、空を歩いているようなフワフワ感が襲ってくる。
(危険!?)

世界で唯一 空を歩ける場所。
その正体は、舐めるとしょっぱい塩の平原。
ボリビアはウユニ塩湖にやって参りました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


首都ラパスから再び長距離バス移動。
ウユニ塩湖にやってきました。

ウユニ塩湖とは、
標高約3,700mにある、南北約100km、
東西約250km、面積約12,000km² の広大な塩の固まり。

” 比較的短期間に海中から隆起して形成されたアンデス山脈に大量の海水がそのまま残され、
流出する川を持たず、乾燥した気候であったために形成された ”

・・・ということらしいです。


スバラシすぎて写真が多くなってしまいました。覚悟あれ!




 

聞こえるのは風が耳に当たる、ボウボウ という音のみ。
目に見えるのは一面の白と青のみ!

木々の音も、鳥の声も、
人の声も、車の音も、なんにもありません。






途中、列車の墓場がありました。
遠くは塩湖の塩を運ぶために使われていたそう。
ここの地面は、塩と土が混ざって薄茶色になってますねー。





居合わせた旅行者達と。
ひたすら何も無い塩湖では、こんな写真を撮るのも簡単でーす。
(写真提供:winter)





塩湖の真ん中にはポツポツ島があります。
海底が隆起した際にできたものと思われます。

そしてそこには古代インカ人が植えたと言われるサボテンが。
中には120歳なんてサボテンもいました。

サボテンってやつは、どんなに厳しい環境でも水分を失わず、
自身とその周りの生き物を助ける強さを持っています。
かっくいー!




表面はボコボコしています。そして硬いです。

少しはだしで歩いてみましたが、かなり、痛かったです。
削って食卓塩にしようともと思いましたが、
硬すぎてあまり削れませんでした・・・。





表面その2。
塩湖の表面が 六角形模様になってるのがわかる・・・かしら・・・?(写真が下手だよう。おうおう。。。)

日も暮れてきました。




だんだんオレンジが現れます。




盛り上がって参りました。




最高潮のオレンジ!!





地平線まで夕日を見送ります。




・・・


夜は勿論 満天の星空。
周りに何もないため、遥か遠くで光っている雷が、
360°の地平線に見えるという神秘的風景。

空と地面との間は完全にグレーで、昼間に増して境界線が見えません。
なんか吸い込まれそうになります。(危険!!?)


・・・






朝になりました。



影がながーい。



今回の旅で一番お気に入りの写真。
帰国直後の日記で既出ですが、朝日に佇むwinter氏。






実はこのウユニ塩湖、今回の旅で行きたい場所NO.1でした。
パソコンのデスクトップも、もうずっと前からウユニ塩湖でした。

実際帰って来ると、どこが一番良かったかなんて物凄く順位つけ難いのですが、敢えて1位を選ぶなら、やっぱりココだったかも。



ちなみにこのウユニ、行く時期が極めて重要!

日本の夏(ボリビアの冬)に行くと、
夜はマイナス20℃以下になることもあるそう。
私が行った時期はそうでもなかったので、
夜は日本の冬服程度でOKでした。

さらに、見たい景色によっても行くべきシーズンが変わってきます。
私の行った時期はあと一歩のところで雨季を外してしまいましたが、

雨季 かつ 晴れの日 に狙えば、
以下のような不思議世界を見ることができるはず。


 
ドドンッ!!!


ドドーーーーーーーン!!!!!!!
(写真提供:mixiのウユニ塩湖コミュニティ)



表面にうすく水が張って、完全な鏡になっているのです!!



私の行った時は 夏の雨季一歩手前という事で、
あったかい且つ乾いてる、
という昼寝を満喫するにはピッタリの時期だったのですが、
やっぱり鏡の景色も見たい。

私はいつかもう一回雨季に行って、絶対この景色を見てやりますぞ。
きっと!




Posted by ・ じゅんこ
travel / 18:52 / comments(3) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 18:52 / - / -
COMMENT
いやー、すごいねぇ!!
行きたい♪というより行きます♪♪

写真でこんだけすごいんだから
実際は…だよね(笑)

あたしのブログにリンクさせて頂きました。
よろしくお願いします☆
| なほ | 2009/03/03 12:03 PM |
じゅんこちゃんの写真いつもすばらしいです。
なんか詳しいこと全くわかんないけど、テカテカ
してないのがすごいいいです。
これからも楽しみにしております。

ムフッ。

| こんどうま | 2009/03/04 5:44 AM |
>なほさん

ウユニの景色はお天気に左右されやすいらしいので、
できたら是非ゆっくり、お天気見ながら行ってみてくださいーい♪
実際、アタマおかしくなりますよー!
詳細はまた8日に話しましょう☆

リンクありがとうございます!
私もなほさんのところ勝手に貼ってました。笑
すいません。




>こんまこさん

私も自分で撮っておいて詳しいことわかんないんですけど、
私の写真、なんかザラザラしてますよね。
↑単に画質が悪いだけの予感。笑

すばらしいだなんて恐縮すぎですが、
これからもちょくちょく撮り続けていくので、
たまに覗いて貰えると嬉しいです!


| じゅんこ | 2009/03/05 1:35 AM |